あなたの「歯ッピーライフ」をお手伝いする情報サイト

>

医者も注目するデーモンシステムとは

大人になってからの歯列矯正の問題点

歯列矯正のための器具が目立ちにくくなったのもあり、子どもが矯正する分にはほぼ問題はないです。子どもであればまだ歯の位置や骨などが固定されておらず柔軟なため、矯正がしやすいのです。
しかし、大人になってからとなると問題になることがあります。

まず、職種によっては仕事に支障が出る可能性があること。
そして、大人の場合、歯の位置も骨格も固定されているため矯正で問題が起きる可能性があるということです。
子どもであれば、成長段階で歯を正しい位置へ誘導してあげられるため、無理矢理動かすということがなく痛みがありません。しかし、大人になってからとなると、位置が固定されている歯を動かすことになるため痛みが伴います。
そして、無理矢理動かすことで歯茎などにダメージを与えてしまう可能性があるため、問題を引き起こしやすいのです。

痛みの少ない「デーモンシステム」とは?

デーモンシステムは「弱い力で歯を動かす」ことが可能です。強い力を加えて歯を矯正しなくて済むため、他のものと比べ、痛みが少ない傾向にあります。そして、形状記憶の特殊なワイヤーによって歯をスムーズに動かすことができるため、矯正にかかる期間が短くなります。
さらに、これには抜歯をせずに済む可能性が高いという大きなメリットがあります。もちろん、それでも中には抜歯が必要な方もいますが、このデーモンシステムでは抜歯の可能性が低いというのが嬉しい点ですよね。

デーモンシステムは何度も改善されており、デメリットらしいデメリットは今のところありません。
現時点ではもっともおすすめできる矯正方法といえるでしょう。



大人になってからの歯列矯正はデメリットも多くなります。歯は一生ものですし、健康に大きな影響を及ぼすものでもあります。
後悔することにならないよう、自分が一番優先したいものは何なのかをよく考えて選択しましょう!


この記事をシェアする
TOPへ戻る