あなたの「歯ッピーライフ」をお手伝いする情報サイト

>

歯並びは重要

一般的な「ワイヤー」治療

昔からある代表的な矯正方法といえば、このワイヤー治療です。
金属のワイヤーで作られているため、銀色とかなり目立ってしまう見た目になってしまうのが難点です。
しかし、他の矯正方法と比べれば「費用が安い」、「壊れにくい」というメリットがあります。
歯列矯正するには費用がかかるため、この費用が安いというメリットは大きなポイントではないでしょうか。

デメリットとしては、やはり「悪目立ちする」、「虫歯になりやすい」ことが挙げられます。
なぜ虫歯になりやすいのかというと、ワイヤーが常時つけられた状態であるため食べ物などが挟まりやすいことと、ワイヤーが邪魔となり歯ブラシがうまく入らずブラッシング不足になりやすいためです。この問題に関しては、部分磨きに特化した歯ブラシも合わせて使用し、ブラッシングにしっかりと時間をかけることでカバーできます。

「目立ちにくい」ワイヤー治療

同じワイヤー治療ではありますが、目立ちにくいように改善された白いワイヤーを使った治療となります。
ワイヤーが白色となるため、近い距離でなければほとんど気になりません。
金属を利用した従来のワイヤーでの治療よりは料金が高くなりますが、それでも他の治療方法よりは安くなっているため、最近はこの目立ちにくい白いワイヤーで治療する人が増えています。


金属のワイヤーと、金属を使用していない白のワイヤーに治療効果の違いはありません。
治療効果に違いがないとなるとますます悩んでしまいますよね。
ただでさえ矯正にはお金がかかります。「料金を安く済ませたい」と料金を重視するのか、矯正には時間がかかるため、「目立ってしまうものはやりたくない」と見た目を重視するのか、どちらが一番重視したいものなのかを考えて選んでみましょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る